Kame ManNen
FROM SABAE, JAPAN

戦後に誕生したカメマンネンは、
流行に流されることなく、
鯖江で生産している眼鏡ブランドの1つとして
生き続けています。

Kame ManNen was born after the war,
without being swept by the fashion,
I continue to live as one of the spectacles brands produced at Sabae.

KameManNen カメマンネン 製造写真

CONCEPT

末永く使える丈夫な眼鏡であってほしいという強い思いから、ことわざ「鶴は千年 亀は万年」から抜粋し、「カメマンネン」と命名されています。

From a strong thought that you want it to be a strong glasses that can be used forever, excerpts from a proverb "Tsuru is a thousand years turtle a million years" and is named "Kamemannen".

KameManNen カメマンネン 歴史写真

OUR HISTORY

菊次郎のDNAはその後の経営者達に引き継がれ、チタンの加工技術を眼鏡にいち早く確立したのもカメマンネンの製造工場でした。彼の思いは脈々と引き継がれ、世界的でも信頼の高いブランドとして高く評価されています。

The DNA of Kikujiro was succeeded by subsequent managers, and it was also the manufacturing factory of Kamemannen who quickly established titanium processing technology as spectacles. His thoughts have been handed over to the world, and it has been highly appreciated as a trusted brand worldwide.

KameManNen カメマンネン 歴史写真
KameManNen カメマンネン 鯖江写真

MADE IN SABAE

日本のほぼ中心に位置する鯖江は、眼鏡製造がとてもさかんな街で、国内眼鏡シェアー9割以上を誇る街です。チタン製メガネフレームの技術は世界でも有名です。

Located near the center of Japan, Sabae is a city where glasses manufacturing is very crowded, and boasts more than 90% domestic glasses market share. Titanium eyeglass frame technology is famous worldwide.